血糖値を下げる食事と運動法

Written by futuremedicalworker.com

血糖値を下げる運動

血糖値を下げるためには運動が有効です。
あまりにハードなものをする必要はないですから、習慣化することを目指すことが重要です。

血糖値を下げるために効果的な運動をするためには、タイミングが重要です。
食べてすぐは避けて、食後30分から60分経ったお腹の落ち着いてきたタイミングから始めることが重要です。
また、午前中に運動を行う際には、体内が水分不足になっており血液がドロドロ状態になっていますから水分補給をして心筋梗塞のリスクを避ける必要があります。

もっとも効果的な運動は有酸素運動です。
ジョギングやウォーキングをすることで脂肪燃焼もできますし、血中の糖分がエネルギーに変わって血糖値を下げることができます。
膝や腰が痛くて運動が辛い場合には足腰の負担が軽減される水中歩行がオススメです。

血糖値に影響する食事

食事をする際には、炭水化物の過剰摂取を避けることが重要です。
血糖値の上昇を招く炭水化物の摂取を抑えるだけでも効果的なのです。

食べる量を減らしたくないという人も多いものです。
食べ方を気をつけることでも効果が得られます。
よく噛んで食べると血糖値が上昇しにくくなりますし満腹感も得られます。

食べる順番も気をつけると効果的です。
炭水化物よりも先に食物繊維を食べることが有効です。
血糖値の上昇を防げますし満腹になりやすいです。

野菜や海藻といった食材やきのこを積極的に食べることも有効です。
調味料も血糖値を下げるのに効果的な巣をメインにすると効果的です。
また、オリーブオイルは血糖値が上昇するのを抑える効果があるので調理の際に積極的に使用するように工夫してみるのもオススメです。

和食が良いと言われますが、気をつけないと塩分過多や炭水化物の過剰摂取となる食事になることもあります。
和食の良い点は肉よりも魚を食べる機会が増えることとバランスの良さです。
あまり和食にこだわらず、バランス良い食事と魚を食べることを目指せば十分効果が得られます。