転職を検討中の薬剤師へアドバイス

Written by futuremedicalworker.com

スキルアップを考える

どのような仕事についていても誰もが一度は転職を検討したことがあるものです。
好きな仕事であっても給与が少なければ生活することができないですし、給与が良くても仕事が忙しければ心や体の調子を悪くなってしまい仕事が続けられなくなってしまうこともあります。

これは、薬剤師にも当てはまることです。
薬剤師になりたくて大学に通って国家試験を受けていても、仕事を始めてみると思っていたより思っていたよりも仕事がハードであったり職場の人間関係で悩んでやめてしまうこともあります。
また、スキルアップのために今とは違う職場に転職をしたいと考えることもあります。

転職をしようと考えた時に、すぐに就職活動を始めるのではなく、一度本当に転職すべきか考えることが必要です。
転職サイトを見て就職先があるのか、待遇や年収がどのようなものか、といった情報を確認して自分の希望するような職場があるのかを検討した上で転職を検討するべきです。
他にも、転職した人が実際に転職を決意した理由や、転職をして失敗したと感じたことを聞くのは実体験を踏まえた話であるために大変参考になります。

薬剤師が転職を検討する理由

薬剤師が転職を検討する理由は様々です。
一般的な企業と同じく、労働環境の悪さ、待遇の悪さ、年収の少なさ、人間関係のトラブルといったことで転職を検討する人も多くいます。
他にも、専門知識をさらに深めたいとか、スキルアップのために今までとは異なるジャンルの仕事に就きたいといったポジティブな理由での転職もあります。

このような状況の際に、今の職場に残るべきなのかはたまた新しい職場に転職する方が良いのかというのを悩むものです。
例えば、やりたい仕事と異なる場合や人間関係が上手くいかない場合にはすぐにやめるのではなく職場異動の変更希望を出してみることもできます。
受け入れられて他の職場に異動することができれば解決することもありますし、難しいとされてしまえば他の職場に転職をする必要もあります。

残業が多かったり休日が取れなかったりという労働関係の悪い場合や給与が低い場合には、そのことを上司に申し出ても改善しない場合も多くあります。
実際に、上司にその旨を申し出たことで職場内での立場が悪化してしまい働きにくくなってしまったという例もあります。
そこで、このような場合には転職を検討した方が良いことも多くあります。

転職をすることに対して、良いイメージを抱きがちですが中には転職をして失敗をしたというケースもあります。
待遇が良くなったが人間関係が悪くなってしまうこともありますし、未経験可と言われていたのに研修やフォロー体制がなく忙しくて辛いと思うこともあります。
転職をする際にはしっかりと考えて本当に自分に合っているのか、望んでいる条件に合っているのかということを多面的に考えて判断することが大切です。