薬剤師の転職理由について

Written by futuremedicalworker.com

夜勤は大変

薬剤師になりたくて大学に進学して国家試験を取得しているのに、辞めたい、異業種に就きたいと考えることもあるものです。
思っていたような職種に就けなかったり、労働条件が良くなかったり、人間関係が良くなかったりということがあれば、やりたかった仕事であっても辞めることを検討することがあるのです。

薬剤師は実は転職したことがある人も多い職場です。
仕事の転職理由には様々なものがありますし、働いている場所によって転職理由も異なります。

もっとも離職率が高い職場は、実は病院です。
病院の仕事は人気のある職場だったのですが、最近は地方であれば就職しやすい場所になっています。
これは、仕事の多忙さ、夜勤があること、給与が少ないこと、が理由に挙げられます。

また、最近は病院ではチーム医療の一員として働けることもあります。
チーム医療に憧れて病院勤務をしたのに、実際には参加ができなかったり、勉強会や研究会への参加もできなかったりすることで、もっと専門性の高いチーム医療に参加できる職場への転職を検討する人もいます。

ドラッグストアは最近店舗数が増えており、就職先としてももっとも多い職場です。
しかし、ドラッグストアの仕事はレジ打ちや品物の陳列、清掃といった調剤業務以外の仕事が多いために、やりがいをなくしてしまうことも多いです。
昇級すると店長になったりエリアマネージャーとなることもでき年収も増えるのですが、当初のやりたい仕事とは異なって一句ことも多いですし、薬剤師の専門性からは離れていってしまうので仕事を離れてしまう人もいます。

薬剤師は、企業に就職することもあります。
就職する際には、研究職を希望していても実際には営業職に就いている人も多く、やりたいことと違うために転職を検討する人もいます。
また、薬剤師で営業職を希望して就職していても、ノルマや実績といった負担や仕事の大変さから転職を希望する人もいます。

薬剤師の女性の多さ

薬剤師の職場というのは女性が多いです。
女性は結婚や出産、家族の都合で転勤や転居をすることもあります。
そうすると、本人は今の職場を気に入っていても転職をしなければならないこともあるのです。

パートへの職種変更をすることもありますし、休日が取得しやすかったり早退しやすい職場に転職する必要もあります。
また、保育園や自宅に近いところに就いて通勤時間を短縮したいと考える場合もあります。
このように、女性の場合には自分の意思とは別に家族の都合で転職を検討することもあるのです。