有酸素運動とダイエット

Written by futuremedicalworker.com

有酸素運動とは

ダイエットには有酸素運動が良いと言われています。
また、健康にも良いとして。生活習慣病の恐れのある人がよく勧められています。

有酸素運動というのは体内の糖分と脂肪をエネルギー源とする運動です。
運動を続けると筋肉に乳酸が溜まります。
この乳酸は疲労物質であり、疲れの原因です。

呼吸によって体内に取り込まれた酸素と血中の脂肪や乳酸が合成されると乳酸がなくなり再度エネルギー源が作られます。
ここでエネルギーが作られることによって脂肪が燃焼されるのです。
有酸素運動は、脂肪が効率よく燃焼できるためにダイエットに効果的である問われています。

有酸素運動で効率よく痩せる

有酸素運動は20分以上必要であると言われています。
しかし、あまりにも運動をしすぎると疲労した筋肉に乳酸が溜まりすぎてしまい動かせなくなってしまいます。
そこで、軽すぎず重すぎない運動を長時間続けることが効率的な脂肪の燃焼に効果的です。

適度な運動の目安として、心拍数があります。
心拍数には、「安静時心拍数」というものと「最大心拍数」というものがあります。
安静時心拍数というのは、安静にしている時のもので男性が60から70、女性が65から75が平均的な脈拍です。
それに対して最大心拍数は拍動が最も早い心拍数です。

運動を行う際には、この二つを知る必要があり、最大心拍数は220から年齢を引いた数字になります。
目標心拍数は(最大心拍数-安静時心拍数)×0.4~0.6という計算で求められます。
かける数字に幅があるのは、体力や運動の経験で幅がとられており、体力がない人は0.4、体力があれば0.6に設定します。

運動をしながら心拍数を確認して、この目標心拍数になるように運動すると効果的なのです。
ただし、これが目安であって目標心拍数より低めの運動でも脂肪を燃焼できますから無理なく続けることが重要です。

最近は、ダイエットに効果的として脂肪燃焼スープや脂肪燃焼サプリメントも販売されています。
脂肪燃焼をさせるにはやはり食事よりも運動です。
その運動の中でも有酸素運動は最も効果的です。

脂肪を燃焼させることはダイエットで最も必要なことです。
1日運動をしたからといって痩せることはありません。
有酸素運動はハードな運動が少ないいですから膝や腰、心臓への負担も少なく毎日続けやすいですからぜひ日常の中に取り入れたいものです。

少しでも早く効果を出したい人は、有酸素運動に脂肪燃焼を助けてくれるものを追加するのもお勧めです。
コーヒーに含まれているリパーゼが脂肪燃焼をしやすい効果がありますし、利尿作用があるために脂肪燃焼と合わせてむくみを取る効果もあります。
運動前に飲むとさらに脂肪燃焼効果が期待できます。

食べ物では、唐辛子や生姜、チョコレートが脂肪燃焼効果がああります。
唐辛子は代謝機能を向上させてなおかつ血糖値を下げてくれるので脂肪がつきにくくなりますが、食べ過ぎるとお腹を壊したり胃腸を痛めるので量の調整が必要です。